Get Social With Us
未分類 | FURUSU-古巣家具
1
archive,category,category-1,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

臼の把手

古民家や文化財の仕事にしてると、 小物もついでにと依頼を受けることがある。 今回、臼の把手をどうにかしてほしいと依頼をうけました。 渡された把手、よく見ると90度に曲がった材を使用しているようで、 曲がった場所に継ぎ手の仕口が見えない。 たしかに曲がった木の方が持ち手と臼の両方に力が加わって強度が保てる。 だからといって、すぐにほぼ直角に曲がった木は見つからない。 他の把手はどんなだろうかと、調べてみたけど曲がった木を使っている様子。 気づいた事に、竹を差して使っているものが多かった。 下の画像の臼は文化財の建物で展示されてた臼。竹が持ち手になっている。 修理する把手も竹が一緒になっていたけど、木部が虫に食われている状態。 なので、修理という依頼だったけど、新しく把手を作り変えるように提案した。 曲がった木が、見つからなかったので、パーツに分けて使用するようにしました。 まだ、試運転前。うまく臼が回るだろうか。 ...

Read More

塀の開戸

ご近所さんからの依頼で、 傷んだ開き戸を作り替えることに。 既存の建具はすでに、戸先が地面についてしまっている状態。 開け閉めには建具を持ち上げないけない。 そこで、元の形に筋交いを入れて建具がダレてこないよいにと補強。 材は、米ヒバで塗装は外部用のウレタンクリア塗料を2回塗り。 これで、そう簡単には雨には負けないぞ。 ...

Read More

奈良旅行

家族旅行で奈良へ。 奈良公園周辺を観光してきました。 まずは、東大寺南大門。 屋根を支える升組は、今では社寺建築では当たり前、でも建設当時は最新技術だったらしい。 複雑だけど、きれいな造り。感嘆です。 次に、春日大社。 目を引くのが、神殿前にそびえる大杉で、 なんでも鎌倉時代の絵巻物にも描かれていて樹齢は800年以上になるみたい。 参拝後には、七五三の祈祷もしてみらいました。 最後には、阿修羅像で有名な興福寺。 でも、目的は伝統建築の五重塔や八角形の北円堂、再建されたばかりの中金堂です。 どれも以前から見たかった建物で、一度に拝見できて幸せでした。 こんなにも、重要文化財が密集しているとは、一日では時間がたりません。また来ます。 最後に、息子と記念写真の撮りあい。 中金堂前でジャンプ。...

Read More