Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 建具の話
112
archive,paged,category,category-112,paged-3,category-paged-3,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

大きな引戸

建具幅が1500mm以上あるペアガラス入りの片引き戸。 材は桧で厚みは52mmとぶ厚く、重量は50kg以上もあるなんとも大きな引き戸でした。 50mmの厚みのヒノキは材木屋にはなく、あらかじめ丸太買いして挽いてもらった材を使用しました。 厚くて大きいので、通常では使える機械は使えず手加工が主になりました。 現場ではガラス屋さんが5人かかりで、ガラスを入れてくれました。 手前は網戸で、継ぎガラス戸。 南面で太陽に日差しを直に浴びる場所だったので、設置して数時間後に反りがでました。 こんなに厚みがあって、ごついペアガラス入れても反るときには反るんだとビックりでしたが、 次の日には元に戻ったみたいで、ホットしました。...

Read More

鴨居のない引き戸

前回につづいて、自宅改装の建具。 かつて開戸だったところを、引戸に変えました。 その場合に、建具をスライドさせるための枠の設置が必要になります。 でも、壁に出っ張る鴨居をつけず、シンプルに収めたい。 そこで、鴨居を付けなくても引戸として使える金物を使ってみました。 吊戸の下にガイドとなるピンを付けるように、この金物は建具の上にレールを はめ込んで、壁につけたガイドとジョイントしてスライドして使います。 そのため金物は見えず見た目はすっきりです。 ただし、戸車は必要なので、床にレールを埋め込む必要があります。 まるで収まりは開戸のようで、実は引き戸。 建具金物もどんどん進化してる。...

Read More

杉板の鉋仕上げ

幅が460mmもある杉板を鉋で仕上げる作業。 機械の超仕上げでは、幅が小さくすぎるため手鉋な仕上げていきます。 職人2年目に新人さんに、いい機会なので任せることにしました。 さて、どこまで綺麗に仕上がることができるかな。 初めは、苦戦していたようだけど鉋台と刃を調整しては徐々にいい鉋クズがでてきました。 杉の白太は軟かくて綺麗に仕上げるのが意外と難しい。 でも、時間はかかったが思っていた以上に鉋が扱れるようになっていることに驚きでした。 毎晩、刃研ぎをしている成果が出てる。 ...

Read More

新築の建具と食器棚

新しい家の建具と一緒に、食器棚の注文を頂きました。 和風住宅にあった建具の制作です。 建具は白木メインにして、中に入れるガラスを使い分けてます。   和室の入り口は戸襖の組子入り。最近では珍しいタイプのも、襖でも光を取りいれたい箇所には、 中を抜いて明かりが入ってくるようにしています。     キッチンの明かり窓、格子の色を変えてデザインにメリハリをつけています。   今回、打ち合わせでもっとも時間をかけた食器棚。 奥さんがキッチンでの動きを把握しつつ、新築では何を購入してどこに置くかなど聞きました。 最初の希望図とはかなり変わったけど機能的で使いやすい食器棚ができました。 ちなみに、食器棚の隣にはワークテーブルで、カウンターの下にも引き出しカウンターを設けてます。  ...

Read More

雨戸と格子戸の作り替え

外部の引戸の作り替えです。 雨風によってだいぶ傷んできて、動きが悪くなっている状態でした。 元のように、作り直してほしいとのことでした。 格子戸と板戸の2枚の引込み式になっていて、普段は格子戸で、 外出中や雨の時は板戸に使い分けるタイプのもで、数寄屋建築の門などに使われいます。 材は桧で、板戸に使う板幅が大きくて、合うサイズの木材を探してきました。 普段使用の格子戸 板戸の時 ビフォーアフター 新しくなって、周りの雰囲気もガラッとかわったように見えます。 注文ありがとうございました。...

Read More

神社の観音開戸

地元神社の開戸の注文で、古くなった建具を新しく作りかえる仕事です。 元の形を忠実に守って作ってほしいとのことでした。 もちろん、木材も同じ木を使って作ります。 材は杉、白太の白い部分は使わないで赤身のみでつくる上級品。 画像はビフォーアフター。 大きな本殿横にある小さな社ですが、建具が変わって存在感がUPしました。 時間をかけて、建物の馴染んで行くと思います。 それにしても、いい天気。いつも工場の中の作業だから、 たまの外の仕事は新鮮だね。 ...

Read More

十字クロス組子

倉敷で活躍されている設計事務所のお仕事。 リビングとダイニングの一部改築で、建具を制作しました。 白木がメインの組子引き戸で、アクセントにチークに組子片面に入れています。 対称的な色なので、建具全体にメリハリがついたようで、かっこいい感じにあります。 ちなみに下の画像は、TV台と開戸。 さすが!感じのいい空間になりますね。...

Read More

麻ノ葉組子入り 上げ下げ障子

組子入りの雪見障子。 上げ下げできる箇所と組子を組み込む箇所を一つにしたデザインで、 サッシ内の障子なのでガラスはないタイプのものです。 杉での依頼でしたが、桧でないと難しいので桧で作ることに変更してもらいました。 先ずは要となる三つ組で六角形のフレームを作り、麻の葉組子を一つずつ組んでいきます。 この作業がとっても時間がかかる。 次に建具枠を木取りして、上げ下げ部と組子を組んで完成。 画像は、日が暮れて外から組子撮ったもの。 明かりが照らされると、室内からとはまた違った表情になる、組子っていいねぇ。...

Read More

沢山の障子

最近は住宅環境の変化から注文も少なくなってきているところ、 一件で30枚以上の障子の注文を頂きました。 一般住宅で、部屋と部屋の境を壁ではなく障子や襖で囲む昔ながらのスタイルなので、沢山の障子が 必要になります。これまでで一番多くの注文だなと思うぐらいの量で、納期が間に合うか心配に なるほどでした。 おかげで工場内には、いたるところに障子。 最近は家具を作ることが多くなったけど、やはりうちは建具屋。 こちらのほうが性に合っているなあ。 ...

Read More

地松材で古典建具

アクセントになるようなインパクトのある建具を一つしてほしいと、若いご主人からの要望で どんな物がいいのか思案しました。打ち合わせで、和風好きだと分かったので 古い建具のデザインを提案しました。 場所は寝室で、明かり取が要らない場所だったので、板戸にして 昔はよく使われていた松に。 (今は良材不足で建具に使われることはほとんどない) 中桟にアクセントになる模様を掘り込みます。 江戸時代ごろの民家に使われていたスタイルを参考にしました。 全てお任せ、完成を楽しみにしてると言われて、できるまでドキドキでしたが、 予想していた以上のインパクトのあるデザインになりました。  ...

Read More