Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 建具の話
112
archive,category,category-112,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

クデとホゾの格子

改築の玄関戸のお仕事。 組子が複雑で、制作がなかなか手ごわいデザイン。 設計士の図面にはミリ単位で指定があり、 作った人間でしかわからないほど、細かなところまでこだわりがある。 例えば、開き戸上部の格子戸には、それぞれ2つサイズ分かれていて、組み方が異なる。 画像では分かりくいけど、大きな組子はクデで、小さな組子はホゾで組むようになっている。 組む前の組子パーツにクデとホゾ穴を加工してます。 両方ホゾで作っても見た目にはあまり変化がないのだけども、近づいて格子をのぞき込むと、 違いが分かるデザイン。 細部までこだわるデザインに脱帽です。...

Read More

庭門の修繕

庭に入る門戸の修繕のお仕事。 建具事態は思っていたほど傷んでは無かったけど、 腰板は雨風にさらされてぼろぼろ。 せっかくのお庭が、もったいない感じでした。 そこで、傾き掛けた建具を組み直して直角をだして、 腰板には家主が持っていた竹をつかって竹格子にすることに。 格子にすることで、閉鎖的だったな庭の雰囲気が、開放的な感じに。 アクセントに、取っ手にも竹を使ったみました。 ...

Read More

竹組子

茶室の障子で組子を木でなく竹でつくってほしいとのこ。 今まで経験がないので、はたして竹で組めるものなのか心配でした。 なんでも、茶室で有名な待庵では竹で作った障子があるようで、 先人ができたのなら、きっとできるはず。 まず、竹専門店に行き、根元に近い竹を選別して買ってきました。 実が厚いほど加工しやすと思ったけど、組子が厚くなりすぎてバランスが悪い。 今度は厚みができるだけ整って加工された薄い竹を買って練習。 こつを覚えて本番。 アールになっているので木とは違って難しい。 これでパーツが完成。次は組んで枠にはめ込む作業。 時間がかかったけど、どうにか完成。 「よく見れば、竹でできてると思うようにな障子にして」と言われていましたが、 実際設置してみれば、いい感じに収まりました。 竹の厚みを細くして正解だった。...

Read More

角丸の面取り組子

近頃では、ほとんど作らなくなった、角丸の面取り組子障子。 改築のお客さんからの依頼で久々に作ることにないました。 前回作ったのはいつかなんて、思い出せないほど前で、 床の間があるような和室がなくなれば、こういった障子も自然となくなったきました。 家の中でもお客を迎える、大切な場所で使われる障子で、それなりに凝った作りです。 組子に面をつけている面取り組子は、普通の組子の倍以上の時間が必要。 画像でも分かりにくいけど、縦と横の組子にそれぞれ面がついていて、それらを隙間なしに組み込む加工が大変。 次にガラス入れる枠の角が丸く、それを角丸といって、これがカクとは違って丸にするだけで手間が倍以上。 お客さんに、なぜこれが高級な作りなのか、説明しないと気付いてもらえないのが、建具の地味なところ。 建付けが後に、立派な障子が入ったと喜んでくれました。 注文ありがとうございました。...

Read More

古民家の玄関

大きな片引き戸。 古民家の玄関で、古くなって動きが悪いの新しくしたいとのことでした。 デザインは隣に蔵にある引戸とおなじようなデザインでいくことにしました。 最近、古民家での仕事が頂くことが多くなりました。ありがたい。 古民家には、何とも言えない個性があり時代がはぐくんだ魅力が詰まっています。 自分の仕事が役に立ててうれしいです。 ...

Read More

雨戸の調整

旅館の雨戸の建付け調整の依頼。 その数20枚以上とかなりの数。 長年使っていなかったようで、戸袋から出すだけで一苦労しました。 全ての建具の戸車を交換して、スムーズに動くようにしないといけません。 かなり古い旅館で、どこも鴨居が下がってきて途中で詰まって動かなくなります。。 なのでひたすら建具の片という場所と鴨居の溝のヒを鉋で削っていきました。 最後のほうは、鉋が切れなくなってしまいました。 3人がかりで一日かかりの仕事。 これからは台風や雨風が強い日でも大丈夫、活用してください。 ...

Read More

美術館の通用門

美観地区にある大原美術館の通用門。 すっかり古くなったのでやり替えの注文をいただきました。 常に雨風にさらされるので、どうしても劣化が激しい。 今回は、とにかく丈夫で長持ちさせたいとの要望でした。 そこで、外部でも腐ることがないアセチル化したアコヤという木材を 使うことに。 ニュウージーランド産のパイン材を酢の一種を混入して強くした木材で、 ヨーロッパではよく使われているようです。 大きな公共の建物や橋にも使われていて耐久性はとても優れているようで、 以前から使ってみたいと思っていましたが、こんな大きな仕事で扱うことになるとは。 大きな建具ですが、取付けはミリ単位の微調整を繰り返して付けていきます。 レーザーを使って左右が均等になるようにチェック。 一日がかりで、ようやく取付けできました。 大変だった。でかくて重たいので、なかなかいつものような取付けができなく時間がかっかった。 後日塗装して完成。 責任重大な仕事でしたが、無事に終わってホットしました。 ...

Read More

若手職人 組子の仕事

和室の組子欄間。 最近は和室が少なくなってきて、久々に注文です。 いい機会なので、若手職人と一緒に作ることにしました。 縦重組子に角麻の葉が入った欄間で、まず縦組子を作りそのあとに 麻の葉組子を入れていきます。 初めての作業でも、建具屋に入社するだけあって細かい作業は苦でないよう。 時間はかかりましたが、キレイに仕上がりました。 もう一人の若手職人は三つ組手(ミツクデ)といって六角形の麻の葉組子に挑戦。 冶具を作たり道具を改良したりと試行錯誤してましたが、 こちらも上手に仕上がりました。 でも二人とも時間をかけすぎ。 時間をかければ、いい物はできるのは当然。 どれだけ、ミスなく無駄なく早く作れるかがポイント。 この経験は将来につながるよに、まだまだ場数が必要かな。 ...

Read More

アルミ玄関戸を木製建具に

アルミの玄関戸を木製にしてほしいとういう注文がありました。 玄関戸を作るのは本職なのでお任せくださいですが、困った事にアルミの枠も木製にしてほしいということでした。 初めは、これまで経験もないし他のでも前例が無いようだったので自信がないとお断りしました。 でも、強く依頼されては断れ切れなく、時間をいただければと承諾しました。 さーどうしようか?まずアルミ枠を取れるの? 大工にさに聞くとすでに壁に埋まってあるものは、そう簡単には外せれないし、施工に時間をかかるとの回答。 どうしようか、色々調べてみたら、アルミ枠限定のカバー工法というのがあるらしい。 古い枠を新しいアルミ枠で覆って新品にするやり方で、大手サッシメーカーが商品を出しています。 これだ、これを木をつかってカバーしよう。 とにかく、既存の枠を計測して、どうにか形になる方法を考えよう。 なるほど、こりゃ建具作るより大変だ。 考えた末にアルミ枠を覆うために、木のパーツを10個に分けて張り合わせることに。 場所にごとに木枠を貼っていきます。 ビスが使えない場所は、接着剤でクランプ。 玄関なのでその日の内に終わらせないといけない。 問題が起きないよう、スムーズに作業ができるようにしっかり準備していきました。 そのおかげで、なんとか完成しました。 これはアルミサッシのBEFOR。 これが木製に変身したAFTER。 網戸付き。 アルミ枠だったと感じさせない木製枠に上手くできました。 大変だったけど、できあげればそれまでの苦労も吹き飛びます。 ご注文ありがとうございました。...

Read More

下駄箱と引違戸

以前からお世話になっている方から下駄箱と引違戸の注文です。 玄関の印象をもっと明るくしたいと依頼を受けました。 これまではの下駄箱と建具は、どちらかというと暗いイメージ。 そこで、明るめの木を使った下駄箱と透明ガラスを使った建具を作ることに決定。 材はいずれもタモで、引戸の組子に一部ウォールナットを使いたいとご主人から提案がありました。 下駄箱は品のある和風な感じをだすため舞良戸にしました。 木桶のスリッパケースをずっと使われていて、お邪魔するたびに気になっていました。 新しくする際に下駄箱の中に隠し扉にしてスリッパを収納できるように工夫しました。 玄関入ってすぐの引違戸は透明にすることで、空間が広く感じます。 ウォールナットの色もタモ材とマッチしていい感じです。 納品後、とっても喜んでくれました。 いつも注文していただきありがとうざいます。...

Read More