Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | furusu
3
archive,author,author-furusu,author-3,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

オーダーメイドの欄間ボード

関東のお客さまから、欄間ボードの注文を頂きました。 一切、金具を使用しないで製作する、特別オーダーでした。 初めに使用する材を決めるのですが、国産が良いとのことで、 部屋に合う白木の桧に決定しました。 要望は、釘やビスを使用しないで作ってほしいとのことでした。 通常なら、戸車や可動棚のダボ、裏板など止めるビスで金具を使用するのですが、どうしようか。 色々考えて、金具が普及する前の方法を参考にして作ることにしました。 調整が難しかったのが、ダボが無い時代の可動棚。板を両サイドに渡してその上に棚を置く方法で、 きついと取れないし、緩いと棚が落ちてしまう。少しずつ削って調整していきました。 完成正面 障子紙以外は全て桧 組継の最初と最後を蟻にしています。 製作中の画像 組継の加工 オイルフィニッシュでなく、鉋フィニッシュ。塗装なしで鉋仕上げ。 本体の組み立て。きつさ加減をみながら組んでいきます。 昔流の可動棚。 脚の取付け。もちろん金具はご法度。雇ホゾで接着。 二重菱組子は、縦の組子が無いので寸法を正確に出すのが意外と難しい。 お客様から「想像以上に素敵でとても気に入りました。 障子を引いたときの滑り具合や桧の香りも気持ちよくて開閉がとても楽しいです。」と感想を頂きました。 金具不使用での制作は初めてで戸惑うこともありましたが、こういった機会を与えてくれて感謝しています。 また、お届けまで数カ月待っていただき恐縮です。 この度は、注文ありがとうございました。...

Read More

古民家の玄関

大きな片引き戸。 古民家の玄関で、古くなって動きが悪いの新しくしたいとのことでした。 デザインは隣に蔵にある引戸とおなじようなデザインでいくことにしました。 最近、古民家での仕事が頂くことが多くなりました。ありがたい。 古民家には、何とも言えない個性があり時代がはぐくんだ魅力が詰まっています。 自分の仕事が役に立ててうれしいです。 ...

Read More

鬼皿

製作に失敗してしまったお皿。捨てるのは持ったない。 商品にならなくても、何か一工夫で使えるようにならないかな? 末っ子の誕生日にはまだ何も作ってあげてなかったので、 この皿を使ってプレゼントしよう。 埋木で顔を作るとよろこぶかな? ありがちか、それなら牙を付けて鬼にしようか。 深く掘れてしまった箇所を埋木でごまかしてみました。 一歳になったばかりの末っ子は、じーと見てましたが、上の二人はお面のようにして遊んでました。 まだ、早すぎたかな。...

Read More

雨戸の調整

旅館の雨戸の建付け調整の依頼。 その数20枚以上とかなりの数。 長年使っていなかったようで、戸袋から出すだけで一苦労しました。 全ての建具の戸車を交換して、スムーズに動くようにしないといけません。 かなり古い旅館で、どこも鴨居が下がってきて途中で詰まって動かなくなります。。 なのでひたすら建具の片という場所と鴨居の溝のヒを鉋で削っていきました。 最後のほうは、鉋が切れなくなってしまいました。 3人がかりで一日かかりの仕事。 これからは台風や雨風が強い日でも大丈夫、活用してください。 ...

Read More

美術館の通用門

美観地区にある大原美術館の通用門。 すっかり古くなったのでやり替えの注文をいただきました。 常に雨風にさらされるので、どうしても劣化が激しい。 今回は、とにかく丈夫で長持ちさせたいとの要望でした。 そこで、外部でも腐ることがないアセチル化したアコヤという木材を 使うことに。 ニュウージーランド産のパイン材を酢の一種を混入して強くした木材で、 ヨーロッパではよく使われているようです。 大きな公共の建物や橋にも使われていて耐久性はとても優れているようで、 以前から使ってみたいと思っていましたが、こんな大きな仕事で扱うことになるとは。 大きな建具ですが、取付けはミリ単位の微調整を繰り返して付けていきます。 レーザーを使って左右が均等になるようにチェック。 一日がかりで、ようやく取付けできました。 大変だった。でかくて重たいので、なかなかいつものような取付けができなく時間がかっかった。 後日塗装して完成。 責任重大な仕事でしたが、無事に終わってホットしました。 ...

Read More

ウォールナットのコーヒーテーブル

同級生からの注文で、リビングで使うコーヒーテーブル。 ありがたい。 材は、ウォールナットの指定でした。 新築にいい家具を探していたけどなかなか理想な物がなかったみたい。 そこで、理想のデザインとサイズを聞いて、これだといもの提案しました。 天板は無垢材の一枚板で、下は色々と物が置けるよう格子の棚をつけました。 こだわった点は、できるだけスタイリッシュにすること。 無垢材は重厚感がでるけど、軽い感じのテーブルにしたかった。 注文ありがとう。そして新築おめでとう。 ...

Read More

若手職人 組子の仕事

和室の組子欄間。 最近は和室が少なくなってきて、久々に注文です。 いい機会なので、若手職人と一緒に作ることにしました。 縦重組子に角麻の葉が入った欄間で、まず縦組子を作りそのあとに 麻の葉組子を入れていきます。 初めての作業でも、建具屋に入社するだけあって細かい作業は苦でないよう。 時間はかかりましたが、キレイに仕上がりました。 もう一人の若手職人は三つ組手(ミツクデ)といって六角形の麻の葉組子に挑戦。 冶具を作たり道具を改良したりと試行錯誤してましたが、 こちらも上手に仕上がりました。 でも二人とも時間をかけすぎ。 時間をかければ、いい物はできるのは当然。 どれだけ、ミスなく無駄なく早く作れるかがポイント。 この経験は将来につながるよに、まだまだ場数が必要かな。 ...

Read More

お弁当箱

もうすぐ5歳になる長男、これまで使っていた弁当箱だと量がすくなくなってきたので、 新しい弁当箱を作ることにしました。 友達が曲げわっぱの弁当箱を使っているみたいで、 本人もプラスティックよりも木のものがいいみたい。 それなら父ちゃんの腕のみせどころ。 余った材で、作ってみました、材は軽いから杉に。 下の子二人に比べて大きいな弁当箱。 しっかり食べて、大きくなれよ。...

Read More

アルミ玄関戸を木製建具に

アルミの玄関戸を木製にしてほしいとういう注文がありました。 玄関戸を作るのは本職なのでお任せくださいですが、困った事にアルミの枠も木製にしてほしいということでした。 初めは、これまで経験もないし他のでも前例が無いようだったので自信がないとお断りしました。 でも、強く依頼されては断れ切れなく、時間をいただければと承諾しました。 さーどうしようか?まずアルミ枠を取れるの? 大工にさに聞くとすでに壁に埋まってあるものは、そう簡単には外せれないし、施工に時間をかかるとの回答。 どうしようか、色々調べてみたら、アルミ枠限定のカバー工法というのがあるらしい。 古い枠を新しいアルミ枠で覆って新品にするやり方で、大手サッシメーカーが商品を出しています。 これだ、これを木をつかってカバーしよう。 とにかく、既存の枠を計測して、どうにか形になる方法を考えよう。 なるほど、こりゃ建具作るより大変だ。 考えた末にアルミ枠を覆うために、木のパーツを10個に分けて張り合わせることに。 場所にごとに木枠を貼っていきます。 ビスが使えない場所は、接着剤でクランプ。 玄関なのでその日の内に終わらせないといけない。 問題が起きないよう、スムーズに作業ができるようにしっかり準備していきました。 そのおかげで、なんとか完成しました。 これはアルミサッシのBEFOR。 これが木製に変身したAFTER。 網戸付き。 アルミ枠だったと感じさせない木製枠に上手くできました。 大変だったけど、できあげればそれまでの苦労も吹き飛びます。 ご注文ありがとうございました。...

Read More

祝!ウッドデザイン賞

オーダーメイドで作った斗組テーブルがウッドデザイン賞を受賞することができました。 おまけに、特別賞のおもてなし賞にも選出されました。 こういった賞には無縁だったので素直にれしい。 デザインと設計と制作に相当時間をかけてできた作品で、一度だのオーダーメイドで終わるのはもったいない。 そこで、少しでも知ってもばとウッドデザイン賞に応募してみることにしにしたんですが。 受賞できたうえに、特別賞のおもてなし賞を頂けるとは驚きでした。 斗組テーブルについては過去のブログをチェック。 https://www.furusu.jp/blog/archives/21305...

Read More