Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 組子の修復工事
21725
post-template-default,single,single-post,postid-21725,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

組子の修復工事

文化財に登録されている邸宅からのお仕事。
130年前に作られて書院障子が破損しているため、修復工事です。

障子中心部の組子が割れている状態で、いつものように直せば、すぐに直るだろうと考えていました。

できるだけ当時の木材を使って直すのが文化財。
大きく破損していれば、それだけ接着面もふえるので、小さい破損を直すよりは以外と簡単なのですが、
今回は破損部がどれも小さい。おまけに組子の厚みは3mmと細くて弱い。

強度的に弱い箇所は小さな接ぎ木をすることにしました。

これのピースを一本一本破損具合に合わせて継いでいきます。

接着出来たらしばらく乾燥。

着色して、紙は貼った状態。同化していていい感じ。

文化財の修繕はいつも大変だけど、今回は想像をはるかに超えて難しかった。
予定の時間をオーバーするとは思っていたけど、想像以上に時間がかかった。手ごわすぎるぞ文化財工事。