Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 松の絵
21683
post-template-default,single,single-post,postid-21683,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

松の絵

文化財補修も初めて5年目。
2年後の工期が、まじかになってきました。

今年の補修は母屋ではなく蔵や納屋の建具がほとんど。
その中で、松の絵が絵がかれた板戸がありました。
絵具はパサパサ、板もペラペラ。
慎重に昔釘を抜いていきます。
釘を抜くだけでも、かなりの時間が必要。
毎度、補修の仕事は大変です。