Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | オーダーメイドの欄間ボード
21575
post-template-default,single,single-post,postid-21575,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

オーダーメイドの欄間ボード

関東のお客さまから、欄間ボードの注文を頂きました。
一切、金具を使用しないで製作する、特別オーダーでした。

初めに使用する材を決めるのですが、国産が良いとのことで、
部屋に合う白木の桧に決定しました。
要望は、釘やビスを使用しないで作ってほしいとのことでした。
通常なら、戸車や可動棚のダボ、裏板など止めるビスで金具を使用するのですが、どうしようか。
色々考えて、金具が普及する前の方法を参考にして作ることにしました。
調整が難しかったのが、ダボが無い時代の可動棚。板を両サイドに渡してその上に棚を置く方法で、
きついと取れないし、緩いと棚が落ちてしまう。少しずつ削って調整していきました。

完成正面 障子紙以外は全て桧


組継の最初と最後を蟻にしています。

製作中の画像 組継の加工

オイルフィニッシュでなく、鉋フィニッシュ。塗装なしで鉋仕上げ。

本体の組み立て。きつさ加減をみながら組んでいきます。

昔流の可動棚。

脚の取付け。もちろん金具はご法度。雇ホゾで接着。

二重菱組子は、縦の組子が無いので寸法を正確に出すのが意外と難しい。

お客様から「想像以上に素敵でとても気に入りました。
障子を引いたときの滑り具合や桧の香りも気持ちよくて開閉がとても楽しいです。」と感想を頂きました。
金具不使用での制作は初めてで戸惑うこともありましたが、こういった機会を与えてくれて感謝しています。
また、お届けまで数カ月待っていただき恐縮です。
この度は、注文ありがとうございました。