Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 若手職人 組子の仕事
21542
post-template-default,single,single-post,postid-21542,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

若手職人 組子の仕事

和室の組子欄間。
最近は和室が少なくなってきて、久々に注文です。
いい機会なので、若手職人と一緒に作ることにしました。

縦重組子に角麻の葉が入った欄間で、まず縦組子を作りそのあとに
麻の葉組子を入れていきます。
初めての作業でも、建具屋に入社するだけあって細かい作業は苦でないよう。
時間はかかりましたが、キレイに仕上がりました。

もう一人の若手職人は三つ組手(ミツクデ)といって六角形の麻の葉組子に挑戦。

冶具を作たり道具を改良したりと試行錯誤してましたが、
こちらも上手に仕上がりました。

でも二人とも時間をかけすぎ。

時間をかければ、いい物はできるのは当然。
どれだけ、ミスなく無駄なく早く作れるかがポイント。
この経験は将来につながるよに、まだまだ場数が必要かな。