Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | アルミ玄関戸を木製建具に
21521
post-template-default,single,single-post,postid-21521,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

アルミ玄関戸を木製建具に

アルミの玄関戸を木製にしてほしいとういう注文がありました。
玄関戸を作るのは本職なのでお任せくださいですが、困った事にアルミの枠も木製にしてほしいということでした。

初めは、これまで経験もないし他のでも前例が無いようだったので自信がないとお断りしました。
でも、強く依頼されては断れ切れなく、時間をいただければと承諾しました。
さーどうしようか?まずアルミ枠を取れるの?
大工にさに聞くとすでに壁に埋まってあるものは、そう簡単には外せれないし、施工に時間をかかるとの回答。
どうしようか、色々調べてみたら、アルミ枠限定のカバー工法というのがあるらしい。
古い枠を新しいアルミ枠で覆って新品にするやり方で、大手サッシメーカーが商品を出しています。
これだ、これを木をつかってカバーしよう。
とにかく、既存の枠を計測して、どうにか形になる方法を考えよう。

なるほど、こりゃ建具作るより大変だ。
考えた末にアルミ枠を覆うために、木のパーツを10個に分けて張り合わせることに。

場所にごとに木枠を貼っていきます。

ビスが使えない場所は、接着剤でクランプ。
玄関なのでその日の内に終わらせないといけない。
問題が起きないよう、スムーズに作業ができるようにしっかり準備していきました。
そのおかげで、なんとか完成しました。

これはアルミサッシのBEFOR。

これが木製に変身したAFTER。

網戸付き。

アルミ枠だったと感じさせない木製枠に上手くできました。

大変だったけど、できあげればそれまでの苦労も吹き飛びます。
ご注文ありがとうございました。