Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 小物の話
111
archive,category,category-111,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

帯締めケース

着物で使う帯締めを入れる専用のケース。 着付け専門の方からの注文で、帯締めケースの依頼がありました。 なんでも帯締めがたくさんあって収納するケースが欲しいとのことでした。 着物については、まったくの素人で、どんな感じの物が 良いのかわからず、イメージとサイズを教えてもらい制作しました。                   防虫と防火の効果がある桐を使用。 2段になっていて、小分けして収納できるように仕切りも付けました。                   桐は柔らかい材なので、接合部はや雇いサネを入れました。 たまにですが、こういった注文もあり、楽しく作らせてもらいました。 注文ありがとうございました。        ...

Read More

組子フレーム

麻の葉柄が連なった組子フレームの制作。 インターネットから、家具に組み込む飾りとして、注文いただきました。 横一列に連なったデザインで、いつもの組子とは作り方が少し違ってきます。 制作工程をざっくり紹介します。 まず、骨組となるフレームを組んでいきます。                 指定のサイズになるよう、注意。この三組手はザイズが大き目になりがち。 次に葉と言われるパーツを組み麻の葉柄にしています。                 ここまでは、いつもの作業と同じ。次に飛びでた個所を切って輪郭を整えます。 この作業は普段とは違う作業、細かい作業で意外と時間がかかる。                 四方の縁をつける前に、サンダーで表面を整えます。               縁をつけて完成。 このフレームを作成中に組子コースターの2セットの注文がありました。 じわじわだけど、組子の魅力が伝わってきてるみたい。                 この度は、ご注文ありがとうごさいました。  ...

Read More

小さいな倉敷格子

店舗の飾りとして小さな倉敷格子を作りました。 全国チェーンの総合ショップで岡山で初出店するさいに、 岡山らしいものを飾り付けの一部として採用したいとのことでした。 格子とては小さいサイズ。 専用のスタンドもつけ、支えがなくても立つようにしています。                 倉敷格子は短い桟が3本に太目の桟が1本が連続した形になっています。 これは、外からの視線を遮りながら家の中からは、外の様子がわかりやすい構造になっています。 小さいながら、いい格子ができました。 ご注文ありがとうございました。  ...

Read More

小物制作 額と取手

角丸の額縁とウォールナットの取手の小物製品を同時に作ってます。 特注の額縁で、角が丸くなっているのが特徴です。 材は、ニレ。絵ではなく、手作り人形を飾るための物で10個をまとめ作りました。                       薄い人形といっても、そこそこ厚みはあるもの。 なので、額も厚みがあるものになりました。                             角を丸くしてるので、カクの角と違って継ぎ目の強度が落ちます。 そこで、強度が保てるように、サネとう部材を大きくして2本入れてます。 この後、塗装してガラス入れて、裏板付けて完成。完成まで長いぞ。   続いて同時進行中の取手です。 大型収納家具用の取っ手で、大きさは様々。                       材は、ウォールナット。 出来るだけ、大きすぎず掴みやすいサイズに気を付けて作りました。 形は横から見ると八角形。持った感触は丸型よりはしっくり持てるような気が。                       細かい作業の連続で小物は意外と制作に時間がかかります。 だから作る前には家具や建具と違う気合を入れて挑むます。        ...

Read More

試験管の花瓶

テーブルの写真撮影用に作った花瓶。 木枠で試験管を3本並べただけのシンプルな作り。 テーブルだけ撮影しても味気ないので花と一緒に写せばいい感じになるかなと思って作ったけど、 なんだか不自然。テーブルに合わないのか、花が良くないのか、そもそもテーブルの上に花を飾るのか? など考えてたら、どんどん分からなくなってしまった。 結局このスタンドはこれっきりで使ってない。 写真撮影のイメージ作りは意外大変なんです。 ...

Read More

ガーベッジボックス

リビングセットを作った時に、ついでにゴミ箱もと注文がありました。 普通の箱では味気ないので、タモの板目を横に使ってみました。 箱物は横目を使うのが一般的。 でも木の勢いを感じるには縦て目かなと思って、存在感があるゴミ箱をで考えて作る事に。                 上の写真は、和室用。 下の写真は、居間と寝室、フローリングなので小さい脚が付いています。 ちょっとした腰掛けになるように設計しました。                     ご注文ありがとうございました。...

Read More

箸つくりに挑戦

普段、あたりまえのように使っている箸。 そういえばこれも木だ、作るのって難しいのかな? ネットで調べると箸にも色々な種類があると分かった。 軽い気持ちで作ってみたが、これが難しい。 一つに材が細くて小さい事。大きな物をつくってきた者にはなかなか慣れない。 二つに両箸が均等な大きさにするのも意外と難しい。 治具を改良しながらどうにか形にはなった。丸型と4角形と8角形はどうにかできるようになったけど 7角形がでいない。いびつになってしまう。7角形は又の機会にするとして できた箸を使ってもらう事にした。 ちなみに、塗料はしないで大丈夫なのかお試し中。 商品にする予定はないけど、作ってみて勉強になったと思う。                   写真 手前から鉄刀木、タモ、ホワイトアッシュを使用。                           鉋掛けの様子。治具改良は3回目。...

Read More

お魚鍋敷き

組子で魚の鍋敷き作ってみました。                   ひし形の組子を作っているとき、ふと魚に似てるなとおもったのがきっかけです。 思い立ったらすぐに作りたくなる衝動を抑えて、しっかり製図して制作開始。 使わないときは、壁に吊るしておけば魚が釣れたようにみえるかなと、そこでくちには紙紐をつけてみました。 とりあえず試作品を10個ほど作ってみました。 回りの反応は、微妙。 鍋敷きと使うには問題はないのだけどね。      ...

Read More

無垢の色 4層トレイ

クラフト展に初出店するときに、作ったトレイ                                               名ずけ4層トレイ。 木材が持つ色をそれぞれ重ねる事によって楽しめるのではにかと、重ねて楽しい4つセットにして作ってみようと。 木材は色彩学から言うと、とても色のバリエーションは少ないみたい、でも白から黒までその中間色、赤や茶色など、 バリエーションは少ないながらそれぞれ色の個性があるのです。 選んだ木材は、ウォールナット、タモ、ホワイトアッシュ、ピーラ(米松)。 食事が運べれるで取っ手付きの大サイズとティータイム用の小サイズを作ってクラフト展へ。 お客さんの反応はまずまず。でも、皆さん変われるのは一つだけ。セットで買う方もいたのですが、同じ色のものでした。 なるほど、まずトレイをセットで4つは、そんなにニーズがなく、色違いよりも同じ色で揃えるのが一般的。お客さんの反応と意見が聞けて良かった。 おかげさまで、用意したトレイは売ることができました。お買い上げありがとうございました。                             ...

Read More

まな板にデザイン

銀杏の木で作るまな板にオリジナルな要素を加えてみようといろいろと試してみたけど、どうもしっくりこない。 楕円形にしてみたり、わざと表面をデコボコさせてみたり、 真鍮棒を差し込んで取っ手にしてみたりと。 かわいらしい形や目新しい形はできるにだけどこれは実用的? と手を加えればくわえるほど矛盾を感じてしまう。 そもそも何もない板が完成形のものに手を加えると逆に使い方を制限しているような気が。 でも、セカンドまな板としてなら需要があるかも、 とりあえず試しにクラフト展にいろんなまな板を作って出品してみよう。 当日、手にとっては色々と質問してくれるのですがなかなか購入にまでいたらない、 やはり持ち手が必要なかったり、大きさがあわなっかたりと、 ぴったりキッチンライフに合う物がないようで、なかには持ち手を切って欲しいという方も。 最終的には10個中7個は売れたのですが、 感想は日用品のような普通でよいものを、デザインすることはとても難しな。 でもいろんな意見が聞けてよかったです、まな板を買ってくださった方、ありがとうございました。 ...

Read More