Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | キッチン
120
archive,category,category-120,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

銀杏のキッチン 

事務所改装に伴って、手洗い場をキッチンに新設することにしました。 天板はもちろん木材で、小スペース用のキッチンをイメージして作りました。 木材は銀杏。この木材は寿司屋のカウンターやまな板に使われるので有名です。 数年前に丸太で買った木で、いつかはキッチン天板にと考えていましたが、 結局そういった注文もないので、事務所用に使うことにしました。 天板になる木材を鉋で整えているところ、銀杏の匂いが工場に広がります。 天板以外も銀杏で、アクセントに取手とバックガードは黒の鉄刀木を選びました。 家具を組み立てて設置準備、排水溝や水栓がうまく接続できるか位置を正確に出します。 小さなキッチンをイメージしてるのでシンクは思い切って丸にしてみました。 使いにくいかな?でも料理をするこはないからこれでOK。 冷蔵庫とレンジを設置して、完成。 冷蔵庫を置くスペースが確保できなくて、カウンター下に設置すること。 前の冷蔵庫より小さくなったけど、見た目はスッキリ。 下にはガラリ戸の収納と、右に引き出し収納を作りました。 今回、天板には撥水性が高いセラミック塗料を使用してみました。 カビが来るかこないか、経過をチェックして今後の参考にしていこうと思ってます。 横からは、こんな感じ。  ...

Read More

無垢材のキッチン (後編)

栗のキッチンと収納棚のオーダーメイド。 使いやすさにこだわって、ようやく完成。 ヒヤリングからはじまり、デザイン、制作まで普通のオーダー家具と 違って、随分と長くかかってしまった。でも完成してしまうとあっと間だったかな。                             がス、水栓、電機の工事も、無事終了。 天板幅が3m,奥行きが70cm,の大きなサイズなので 部屋を圧迫するかなと少し不安だったけど、ぴったり納まったので安心しました。       吊戸棚は5枚開き戸。 モールガラスを使って、中の物がうっすら見えるように。 ヒヤリングの時、ご主人が気にってくれた七宝柄を デザインに取り入れてみました。             暗くなっても調理しやすように 吊戸棚にLED照明を埋め込みました。               シンクの下には大きな収納スペース。 瓶を多く使われる奥さんのため、 開け閉めするたびにズレて動かないように、 滑り止めマットを敷いています。             立ち仕事の負担を軽減してくれる、もたれかけの バーをシンク手間に付けました。                   取手は特注オーダーで、 鉄作家さんに作ってもらいました。 栗のキッチンにぴったりマッチしてます。               納品時、とても気に入って頂きました。 でも、キチンは大きな作業台。 しばらく使って見て、また感想を教えてくださいと お願いして一月後に、使い勝手について 聞いてみました。 「とても使いやすく、気に行っています。 デザインも良く、家族や友達にも好評です。 本当にいいものを作っていただきありがとうございました。 あとは、壁のタイルを早く張って完成させたいです。」       嬉しいお言葉ありがとうございます。 初めてのオーダーメイドキッチンにも関わらず注文してくださり、ありがとうございました。 今回を機に、キッチンについて多くの事を学ばせて頂きました。  ...

Read More

無垢材のキッチン (前編)

「キッチンを作ってもらえませんか?」 ホームページを見て気に入っていただいた方から依頼がありました。 いつかは作ってみたいと思っていたけど、これまで機会がなくオーダーキッチンは初めて。 キッチンは、オーダー家具とは違い、色々な物が組み合わさってできる言わば作業台。 シンク、天板、水栓、コンロ、オーブン、レンジフード、食洗機、照明などなど、知っておく事が山ほどあります。 使う方の、キチンライフも把握しておくことも重要で、既存の調理器具はじめ、調味料、食器、キッチン必需品などが どれだけあって、どこに収納しているのかまで知っておく必要です。 いいキッチンとは、快適なキッチンライフが演出できるかどうかだと思っています。 それが、自分にできるか正直不安でした。そこで、すぐに注文ではなく、何度かヒヤリングをして、 要望を形にしてオリジナルキッチンを提案させてもらいました。 依頼内容について。 ・キッチンは壁に面しておくI型でその上には収納キャビネットを。 ・できるだけ多くの物が収納できるよう、収納スペースを大きく。 ・流しはできるだけ広いものにして作業しやすいように。 ・材は水回りに強い木で、キッチンデザインはおまかせ。 ヒヤリングをしていくうちに、理想なキッチンが見えてきました。 特にこだわったポイントは、 奥様が調理のプロの方だったので、普通よりも多くの調理器具や調味料を使われていました。 そこでオーダーキッチンでは、それらが全て収納でき、簡単に取り出せるようにすつため、 調理中の動線をふまえて、収納スペースを設けていきました。 設計とデザインでOKが出て、制作開始です。 材は、水や湿気に強い栗。木目の動きが力強い木です。     倉庫にあった大きな栗材。 かれこれ20年近く寝かせたままだったので 表面の色が変わってしまっていた。 一部を削って、木目をチェック。               次に引出し前板の木取り、墨をして何度も寸法チェック。                           墨の線を、割っていきます。         木目が揃った前板の木取りがなんとかできた。 それにしても、木目の勢いがすごい。                       ボディーフレームに使う栗。 乾燥状態によっては、真っ二つに割れてしまう栗。 豪快な割れ方、ここまでくると気持ちいい割れ方。 ピース。                 本体をフレームを組んだところ。 シンク、コンロ、食洗機が無事に納まりますように。               完成は次回のブログ後編へ                      ...

Read More

キッチンワゴン

キッチンにあったら便利なキッチンワゴンです。 汚れが目立つ場所ですが、温かい雰囲気のキッチンになるよう、できるだけ無垢材を取り入れました。 工夫した点は食器や調理器具を置く棚は傷や汚れがつきにくいメラミン板にして、 小さな引き出しをつけて小物が収納できるスペースをつけました。 タオル掛けになるように引き出し取っ手はテンレス棒に。 高さは物の移動がスムーズにいくようにキッチンの高さに合わせました。 最後まで悩んだのが甲板を無垢材にするか、もしくはタイルを張るかです。 汚れの心配がないのはタイルですが、まな板としも使いたかったので、 タモの無垢材を使いました。 汚れに強いオイルを塗って実際に使いながらどんな感じになるか見ていこうと思います。...

Read More