Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 組子フレーム
983
post-template-default,single,single-post,postid-983,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

組子フレーム

麻の葉柄が連なった組子フレームの制作。

インターネットから、家具に組み込む飾りとして、注文いただきました。

横一列に連なったデザインで、いつもの組子とは作り方が少し違ってきます。

制作工程をざっくり紹介します。

まず、骨組となるフレームを組んでいきます。
和風 小物 

 

 

 

 

 

 

 

 

指定のサイズになるよう、注意。この三組手はザイズが大き目になりがち。

次に葉と言われるパーツを組み麻の葉柄にしています。

組子 家具飾り

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでは、いつもの作業と同じ。次に飛びでた個所を切って輪郭を整えます。

この作業は普段とは違う作業、細かい作業で意外と時間がかかる。

オリジナル 組子

 

 

 

 

 

 

 

 

四方の縁をつける前に、サンダーで表面を整えます。

組子フレーム 麻の葉 障子アクセント

 

 

 

 

 

 

 

縁をつけて完成。

このフレームを作成中に組子コースターの2セットの注文がありました。

じわじわだけど、組子の魅力が伝わってきてるみたい。

組子 小物 伝統

 

 

 

 

 

 

 

 

この度は、ご注文ありがとうごさいました。