Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 小物制作 額と取手
957
post-template-default,single,single-post,postid-957,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

小物制作 額と取手

角丸の額縁とウォールナットの取手の小物製品を同時に作ってます。

特注の額縁で、角が丸くなっているのが特徴です。

材は、ニレ。絵ではなく、手作り人形を飾るための物で10個をまとめ作りました。

隅丸 額縁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薄い人形といっても、そこそこ厚みはあるもの。

なので、額も厚みがあるものになりました。

角丸 フレーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

角を丸くしてるので、カクの角と違って継ぎ目の強度が落ちます。

そこで、強度が保てるように、サネとう部材を大きくして2本入れてます。

この後、塗装してガラス入れて、裏板付けて完成。完成まで長いぞ。

 

続いて同時進行中の取手です。

大型収納家具用の取っ手で、大きさは様々。

ウィールナット 取手 オリジナル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

材は、ウォールナット。

出来るだけ、大きすぎず掴みやすいサイズに気を付けて作りました。

形は横から見ると八角形。持った感触は丸型よりはしっくり持てるような気が。

八角形 家具 取っ手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かい作業の連続で小物は意外と制作に時間がかかります。

だから作る前には家具や建具と違う気合を入れて挑むます。