Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 木の香り、楠の座卓
91
post-template-default,single,single-post,postid-91,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

木の香り、楠の座卓

「楠(クスノキ)でテーブルできますか?」 楠の木 文机 縁側

なんでも、独特の香りのする楠に思い入れがあり座卓を注文するときは楠にすると決めていたみたいです。

よく行っていたデパートのベンチが楠でできていて、

そこで足休めするたびにこの木の匂いに癒されていたようで、

ずっといいなと思っていたそうです。

楠は「臭し(くすし)」が「クス」の語源となったと言われるほど樟脳の香りが強く、

その特徴として防虫効果があり、古く から箪笥の引き出しに使われてきました。

また薬の木とも言われ、葉を蒸して鎮静剤として利用されてきたようです。

そういえば、身体に張るシップは樟脳香りがしますね。

制作中は工場内はその匂いが充満していました。

しかし、残念なことに納品時には香りはほとんどなくなり鼻を近ずけてわずかに匂うぐらいになっていました。

匂いがあまりしないことは心残りでした。

後日、連絡があり雨の日は、テーブルから香りがすごくするとのことでとても喜んでくれました。

気にって頂いてこちらも一安心でしす。雨の日が少したのしみですね。 注文 テーブル 中国地方

縁側で、趣味に使う座卓として使用さているようです。 注文ありがとうございました。