Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 重森三玲記念館へ
577
post-template-default,single,single-post,postid-577,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

重森三玲記念館へ

昭和を代表す日本庭園作家の重森三玲記念館へ。

倉敷から米子へ向かい高速道路で、

賀陽付近で、「永遠のモダン 重森三玲」なる看板が。

通るたびに気になっていたので、余裕があるときにちょこと行って見ることに。

記念館は、重森三玲出身地の吉備中央町にあり、記念館の隣には天籟庵という茶室が移築されています。

この天籟庵、18歳の時の初めて手がけた作品らしいのです。

四畳半の茶室と、三畳の水屋から成り、庭には珍しいコンクリートで造られてます。

岡山建具店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セメントに色粉を混ぜ2色のコントラストにより海と波をイメージしています。

なるほどこれが永遠のモダンって事なのか。茶室にしては大胆。

家具と建具 無垢

 

 

 

 

 

この茶室を、18歳で設計するとは、驚きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

記念館の正面には資料館もあって、いつの間にか長居してしまった。

隣接する吉川八幡宮も立派な神社で、古くから続く当番祭の

様子も映像で紹介されていました。一月間続く当番祭の

クライマックスには白装束の当番様による走り競べあるようです。