Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 無垢材のキッチン (前編)
511
post-template-default,single,single-post,postid-511,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

無垢材のキッチン (前編)

「キッチンを作ってもらえませんか?」
ホームページを見て気に入っていただいた方から依頼がありました。
いつかは作ってみたいと思っていたけど、これまで機会がなくオーダーキッチンは初めて。

キッチンは、オーダー家具とは違い、色々な物が組み合わさってできる言わば作業台。

シンク、天板、水栓、コンロ、オーブン、レンジフード、食洗機、照明などなど、知っておく事が山ほどあります。

使う方の、キチンライフも把握しておくことも重要で、既存の調理器具はじめ、調味料、食器、キッチン必需品などが

どれだけあって、どこに収納しているのかまで知っておく必要です。

いいキッチンとは、快適なキッチンライフが演出できるかどうかだと思っています。

それが、自分にできるか正直不安でした。そこで、すぐに注文ではなく、何度かヒヤリングをして、

要望を形にしてオリジナルキッチンを提案させてもらいました。

依頼内容について。

・キッチンは壁に面しておくI型でその上には収納キャビネットを。

・できるだけ多くの物が収納できるよう、収納スペースを大きく。

・流しはできるだけ広いものにして作業しやすいように。

・材は水回りに強い木で、キッチンデザインはおまかせ。

ヒヤリングをしていくうちに、理想なキッチンが見えてきました。

特にこだわったポイントは、

奥様が調理のプロの方だったので、普通よりも多くの調理器具や調味料を使われていました。

そこでオーダーキッチンでは、それらが全て収納でき、簡単に取り出せるようにすつため、

調理中の動線をふまえて、収納スペースを設けていきました。

設計とデザインでOKが出て、制作開始です。

材は、水や湿気に強い栗。木目の動きが力強い木です。

栗 キッチン オーダーメイド 無垢材

 

 

倉庫にあった大きな栗材。

かれこれ20年近く寝かせたままだったので

表面の色が変わってしまっていた。

一部を削って、木目をチェック。

 

 

 

 

 

 

 

次に引出し前板の木取り、墨をして何度も寸法チェック。

自然 無垢 キッチン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

墨の線を、割っていきます。

 岡山 オーダーメイド キッチン

 

 

 

 

木目が揃った前板の木取りがなんとかできた。

それにしても、木目の勢いがすごい。

 

 

 

 

 

 

 

 

栗材 オーダー 家具 キッチン

 

 

 

ボディーフレームに使う栗。

乾燥状態によっては、真っ二つに割れてしまう栗。

豪快な割れ方、ここまでくると気持ちいい割れ方。

ピース。

 

 

 

 

 

 

 

オーダー キッチン 栗 岡山 倉敷

 

本体をフレームを組んだところ。

シンク、コンロ、食洗機が無事に納まりますように。

 

 

 

 

 

 

 

完成は次回のブログ後編へ