Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 刃物砥ぎ
38
post-template-default,single,single-post,postid-38,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

刃物砥ぎ

木工道具を使う職人にとって刃物砥ぎはとても重要で大切な作業です。<
新人が一番最初にぶつかる作業がこの刃物を研ぐことで、簡単には上手く砥ぐことはできません。
だからといって、教えてもくれませんし、教わったからといって上達するものでもなくとにかく
体で覚えるしかないのです。刃物の持ち方工夫してみたり、姿勢を変えてみたり、時には指を切ってしまうことも、そういった経験を重ねながら感覚を身に付けていきます。神経を指先に集中して、微妙に力を加減して刃が鋭くなっていく事だけを想像しながら砥いでいます。写真右の砥石は天然石の仕上げ用で、新人の頃から使っているものです。厚かった砥石も今では5mm程度の厚さになってしまいました。ところどころ欠けてしまい、もうそろそろお役目御免になります。長年共にした砥石、使いきってしまおうか、それとも思い出にとっておこうかと考えてしまいます。

20120930_821196