Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 千切りを使ったダイニングテーブル
33
post-template-default,single,single-post,postid-33,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

千切りを使ったダイニングテーブル

ジナル作品のちぎりテーブルの制作です。

テーブルの千切り

オリ。
千切りとは、 リボンの形の小さなパーツの事です。
木材に埋め込むことによって、割れを防ぐ効果や木材同士を継ぐ事ができる、
シンプルで利にかなった工法です。

重厚なホワイトアッシュのテーブルに千切りは黒檀と紫檀を使っています。
写真上は、これから千切りを入れる前の集中の時。
一度入れた千切りは取ることができないので、失敗が許されない作業なのです。
微妙な加減を見極めつつ、ノミで最終調整。
ぴたりと合うように千切りを埋めるのではなく、わずかだけ千切りを加工穴より大きく
しておくのがコツ。
最後の一叩きでギュッと木材同士が継ぎ合うよう何度も確認します。
作業中は緊張の連続で、なんでこんな手間のかかるデザインにしたかなと思うことも、
でも完成後の仕上がりを見ればそんな気持ちは吹っ飛んでしまいます。

ダイニングテーブル