Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 二重菱のローボード
28
post-template-default,single,single-post,postid-28,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

二重菱のローボード

家具をデザインする時いつもヒントになるの社寺仏閣の日本建築。

建物自体を見るというよりは、構造や素材など部分部分をじっくり観察

先人の技術や工夫が凝縮した場所で自分にとって、

ヒントをもらえる場所です。

写真はあるお寺の欄間で、菱型を二重線で表した二重菱という伝統模様。

すごくシンプルであまり目立たないデザインなのが建築物に調和しています。

フルスのオリジナル作品の欄間ボードにも、この二重菱を取り入れました。

この他に、立ての線の千本格子タイプと、六角形から成る麻の葉タイプとありますが、シンプルなデザインがこのタイプだと思います。

和モダンだけどフローリングに置いても違和感なく使用できるローボードです。

組子 家具 japanese traditional board