Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 魚節
27
post-template-default,single,single-post,postid-27,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

魚節

木で物を作るときに最初にする事は、それぞれパーツに分けて 墨をする木取りという作業と言われてるけど 実は木取りする材料を選ぶ作業が本当は最初の仕事。

この作業で作品の善し悪しが決まると言ってもいいくらい大切な作業なのです。

イメージの物が作れるように、たくさんの材に中からベストな材を探すのに 半日以上かかることもあるくらい。

木材を見分けるセンスが問われます。

頭を悩ます理由の一つに節。 元は枝となっていた個所で、物作りにとっては見た目や機能を下げてしまう個所。

節の場所はどうやって外すか、どこに持っってくるかなど考えては最良な材を探しています。

そんな望まれない節だけど、たまに変わった節に出くわすと、ふとうれしくなる時も。 これは、魚かな。 魚節