Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | イチョウの木の皮はぎ
26
post-template-default,single,single-post,postid-26,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

イチョウの木の皮はぎ

木材に携わっていく人間として、皮はぎも経験しておかねばと、
製材して残った皮をはぐことに挑戦。

一昔前までは人力で木材の皮をはいでいたようだけど、
機械化が進み、木材を買うときには皮をはいでいる状態がほとんど。
皮は虫が付きやすく、そのまま放置しておくと虫が材の方まできて小さな穴だらけしてしまうので
早い段階で皮を取らなければならない。
皮はぎ道具を使って、いざ皮をはごうしてもなかなか簡単にはいかない。
しばらくやってみて皮と身の境がとても柔らかいことに気付いた。
そこで、ちょうなの刃をまっすぐな棒につけて、その柔らかいとこにぶっすと刺すと、
するすると、面白いように皮がとれてしまう。コツさえつかめば、一気にはぐことができて
あっという間に作業が終了。また一つ勉強になりました。
いちょうの皮はぎ