Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 鏡板戸
21440
post-template-default,single,single-post,postid-21440,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

鏡板戸

建具枠に一枚板をはめた物を鏡板といって、
迫力のある見た目になります。
最近であまり出なくなったけど久々に制作しました。

シンプルな造りに見えて、作るのは難しい。
はめ込む一板を均等な厚みにして、木表にはウズクリというブラッシングをする。
木裏は手鉋で仕上げます。
そうすることで、より木目が浮き立ち見た目がキレイに。
板の大きさがデカいため建具枠に組む段階まで、重労働。

ちなみに、これは脱衣とトイレの引き戸。
家に合うデザインにしてと言われ、桧を使った板戸にしました。