Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 無双窓の開戸
214
post-template-default,single,single-post,postid-214,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

無双窓の開戸

 

古くからある木のブラインドの無双窓がついた建具。

無双窓 建具

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラスがない時代、窓代わりとして使われた窓で、板をスライドすることで

開閉する仕組みです。古い建物ではまだ見かけることも。

日本最古の芝居小屋、旧金毘羅大芝居の金丸座に行ったとき、化粧室の通路に

も使われいるのをみかけました。

そんな、無双窓を開き戸に入れ込んだ建具です。

作ると時に、特に気をるけるのが無双窓のスライド加減、

戸自体を開け閉めするときは無双窓がぐらつかいように、

でも無双窓を動かすときはスムーズにスライドするように丁度な加減が難しい。

一度組んだら調整ができないんでね。

木 ブラインド