Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 玄翁の柄
21326
post-template-default,single,single-post,postid-21326,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

玄翁の柄

少し間に買った玄翁の頭。
高いものほど、叩きやすく疲れないと聞いて、少し奮発して買ったもの。

柄は硬いからと鉄刀木を仕込んで使ったましたが、なんだか使いにくい。
なので、どうしても使い慣れた玄翁を優先してつかっていて出番がほんどない状態、
多分、原因は柄が持ちにくい事。そこで柄をもっと使いやすいように変えることにしました。
まず、玄翁と柄を外します。

いままで有難う。あまり使わなかったけどね。

つぎに、柄にする木を加工します。グミという木。
ねばりがあって玄翁柄にいいみない。ちょうどいい物が工場にあった。

通す穴より0.5mm大きくして叩き入れます。

完成。鉄の楔は入れません。いれなくても、ちゃんと入っていると持つようです。

さあ使いごこちは、どうかな。