Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | ウォールナットのキャビネット
1525
post-template-default,single,single-post,postid-1525,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

ウォールナットのキャビネット

設計事務所から、ウォールナット家具のオーダーメイドの依頼です。
上と下は収納で、中は飾り棚使用のキャビネットで、幅が1800mmある大きなサイズ。

最初は木材をどれにすのかという事から打ち合わせが始まり、
チークや桜など色々候補があがり、結局は室内の雰囲気に合わせたウォールナットに決定しました。
材が決まれば次は、天板の材を探す作業開始です。
ウォールナットは人気の木材で、高級木材の一つ、予算の範囲内でどれだけイメージに合うものが見つけるかが勝負になります。
ウォールナット 天板
色々探して、予算とサイズにあった天板がこれ。
割れが入った箇所どうにか切り落とせる箇所なのでセーフ。
反りが激しい箇所は、機械と手鉋で平らにしていきます。
ウォールナット 特注家具
この反りだけども、厚み10mm以上は削ることになる。

天板を平らにして、次にはそれぞれのパーツとなる部材を作って組み立てていきます。
ウォールナット ファニチャァ
無垢材なので、湿度の関係で変化するので変化しても引き出しや扉が問題なく使用できるように微調整します。
この作業が、難しくぴったり過ぎても削りすぎてもダメ、新調に家具の様子をみながら仕上げて行きます。
ウォールナット オーダーメイド
棚板を付け、裏板を張って組み立て終了。そしてオイル塗装を2回塗って完成です。
画像は出荷前のもの、喜んでくれるかな?きっと喜んでくれるはず。