Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | オークのオフィス棚
1502
post-template-default,single,single-post,postid-1502,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

オークのオフィス棚

今回作った事務所家具で一番大きなサイズ。色々な物を収納できるように、
製作段階で、何をどこに置くか、どこに置けば使いやすいかなど考えながら設計しました。

設計前にしたことは、昔の事務所で置いていた物の仕分け。
とにかく、物が溢れていて必要のない物は、この際処分。
使う頻度が少ない物や、事務所に必要のない物も他の場所に移動です。
そこで、必要の物の量が見えてきてたら、デザインと設計開始。
うちの事務所家具なんで、時間もお金もかけれません、できるだけ余った材料で作りました。
作り付け棚取付け
まず、下の収納キャビネットを壁に取付け。壁と天板の隙間ができないようにするのが難しい。
オーク 大型キャビネット 棚
上の棚の設置。無駄な空間をなくして、すっきり見せるよう天井まで上げました。
無垢材 本棚 特注
こんな感じで、天井に固定。平面なハシゴを並べて設置して棚にしています。
オーダー 作り付け家具 倉敷
収納キャビネットに開戸を付け行きます。全部で10枚。
キャビネット オーダー 岡山
取っ手は、黒い木の鉄刀木(タガヤサン)。他のオフィス家具の取っ手も全て鉄刀木で統一してみました。
無垢材オフィス家具 天然木
中心にはコピーとFAXの複合機を設置。念願だった無線LANで要らない配線なくしてスッキしました。
自然感覚 オフィス家具
意外と大変だったのが棚分け作業で。カタログ、見本帳、図面やこれまでの作業履歴、コピー用紙などなど
できるだけジャンル分けしてそれぞれの棚に分けてます。
最初皆とまどうと思うけど、慣れればきっと使いやすいはず。