Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | チークの製材
1455
post-template-default,single,single-post,postid-1455,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

チークの製材

長年眠っていたチーク材を製材してらいに、
車で15分のところにある、老舗製材所へ材を持っていきました。

チークの製材は刃を傷めるので嫌がるかなと思っていたけど、
6月になったら梅雨の関係で仕事が落ち着くので、その時にするわと受けてくれました。
製材前に、どう切ってもらうかよーーく考えます。
家具に使うか、建具に使うか、板挽きか柾挽きか。
出てくる木目を年輪で読みつつ決めていきました。
製材 倉敷 家具
なんだかすごい機械。
熟練の経験と技でどんどん材を切っていきます。
チーク 製材
これはいい目だ、こいつは少し青いなあ、なんて職人さの話を聞きながら
製材をしばらく見学。自分は、この板は天板に、この木目は建具の框になんて考えながら見ていました。
20160513_003406639_iOS
今度は、どうやってもって帰ろうか?
行きは運送屋に頼んだけど、薄くして軽くなったで、数回に分けて持って帰ることにしました。
でも、改装が終わるまで工場に置くスペースがないから、しばらく置かせてもらうことにしました。