Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 改装工事はじまる 
1446
post-template-default,single,single-post,postid-1446,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

改装工事はじまる 

ずーと前から計画していた事務所の改装と、
展示室にするための改装工事がはじまりました。

何年も前から、周りに方には断言していた工場の改装、
皆さんはすでに忘れてしまっていると思いますが、ずーーと早くしたいとは思っていました。
でも、日々仕事に追われ改装する時間は全くない状態のまま、これではいかんと思い、
専門分野はプロの方に協力してもらう事にしました。

初めに、40年前に作られてそのままだった、事務所の改装で、
次に、日程をみながら、2階に展示室とワークスペースを作ろうと段階を踏んで進めていく予定でした。
でも、一度にしたほうが早いと言われ、ほぼ同時に改装することに。
倉敷建具
お世話になっている大工さんが改装を協力してくれました。
20160516_004500103_iOS
さすがに早いあっという間に下地まで壁と天井をはがしてくれました。
事務所の改装は順調、問題なのは2階。
展示室に予定しているスペースは、まだ材木がぎっしり。
これをどけないと、改装ができない。
強引にスペースを作り、とりあえず移動させよう。
木材 家具用
何年もかけて貯めた、色んな種類の材木。これを一度どかして何もない空間にします。
ここで手こずったのがみかん割したチーク。
いい木なんだけど、刃をすぐ傷めるので、職人泣かせの木材。
使うのに躊躇してしまい、その結果これだけのチークがずっと眠っていた。
チーク材木
この際だから、細かく製材してもらう事にして外に出そうとするのですが、
二人では、重たくてびくともしない。
4人でようやく、それでも持てない重たい材は、転がし滑らしながらどうにか外へ。
チークを出すだけで、4時間も。
これを製材所にもっていかないと、とりあえず大型トラックに来てもらおう。