Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | 柿の木ストーリー(1)
13
post-template-default,single,single-post,postid-13,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

柿の木ストーリー(1)

家の隣にあった柿の木が開発によって倒されることに。

部屋から見る景色のベストシンボルだった大きな木は、
春夏秋冬それぞれの違った表情を見せてくれ、時間の経過を楽しませてくれた。
隣の家は、元は地主だったらしく立派な古民家で
長らく空家になっていたから、いつかこの日が来るとは漠然と思っていたけど、
実際に開発が決まってからは、「ありがとう」とその木に感謝する気持ちと、
倒さないでほしいという気持で眺めるようになっていた。
木材を扱う仕事をしてるけど、間近にある木が無くなるという経験は初めて。
こんな切ない気持ちになるとは想像してもいなっかた。