Get Social With Us
FURUSU-古巣家具 | うずくりマシーン
1039
post-template-default,single,single-post,postid-1039,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

うずくりマシーン

うずくり加工のドア

うずくりは、刈萱(かるかや)という植物を束ねて作るブラシのような道具で、
杉や桐など柔らかい木に仕上げ加工として古くから使われています。
古い民家の外壁や格子によく見られる、雨風に長年さらせれてなる
木目が浮きだ状態になりますが、そのような仕上げにするためのもの。
材をブッラシイングして、柔らかい個所の春目が削ぎ落とす事で、
木目の美しさを強調させる加工です。

今回、倉敷の設計事務所の依頼でうずくり仕上げのドアを作る事に。
ドアの材は硬いオーク。
手加工できな時は、うずくりマシーンの登場。
うずくり 建具 岡山 倉敷

広い範囲を一気にブッラシングしてくれます。
手加工と違ってパワーがすごいので、力加減の入れ方が難しい。
ナラ うずくり オーダードア

オーダーメイド 家具 建具

写真はうずくり加工したもの、木目が浮き出てきました。
オークは固いので、杉や桐の3倍以上の時間をかけてブッラッシング。
オーク ドア オーダー

うずくりを目立たせるため、仕上げに濃く塗装するとのこと。
完成がどうなってるか楽しみ、完成後に見に行こう。